スーパーの人間関係は良いの?よくある悩みや対処法を解説

更新日: 2024/02/07

公開日: 2023/07/11

    スーパーにはさまざまな年齢や性別の人が働いているため、人間関係が気になるという人も多いのではないでしょうか。また、既にスーパーに就職しており、パート・アルバイトとの人間関係に悩んでいるという人もいるでしょう。
    本記事では、スーパーの人間関係について詳しく紹介します。人間関係に悩んだ際の対処法についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

    こんなお悩み
    ありませんか?

    • スーパーへの転職を考えている

    • スーパーの人間関係について知りたい

    • 働きやすいスーパーを見分ける方法を知りたい

    あなたにおすすめの
    求人をお伝えします!

    フードコネクトはスーパーに
    特化した
    転職支援サービスです。

    無料相談はこちら
    (簡単30秒)

    目次

    • スーパーの人間関係は良いの?
      • スーパーにはさまざまな人が勤務している
      • 小売業界の離職者は多い傾向にある
    • スーパーの人間関係でよくある悩み
      • 怒られる
      • 仕事を教えてもらえない
      • きつい性格の人がいる
      • 悪口や噂話が多い
      • 仲良しグループに入れない
    • スーパーの人間関係で悩んだ場合の対処法
      • 笑顔で挨拶する
      • 積極的に話しかける
      • 報連相を徹底する
      • 感謝を伝える
      • 周りの人に相談する
      • 転職を検討する
    • 人間関係が良いスーパーを見分ける方法
      • 企業の口コミを確認する
      • 実際にお店に行ってみる
      • 面接で雰囲気について聞く
    • スーパーの人間関係はお店によって異なる

    スーパーの人間関係は良いの?

    一口にスーパーといっても、お店によって規模や働くスタッフが異なるため、人間関係はお店によってさまざまです。

    この章では、人間関係にも関係するスーパーを取り巻く環境について解説します。

    スーパーにはさまざまな人が勤務している

    スーパーには正社員だけではなく、パートやアルバイトなどさまざまな人が勤務しています。働いている年齢層も様々です。一般社団法人全国スーパーマーケット協会の「2023年版スーパーマーケット白書」では、スーパーの人事環境について以下のように公表しています。

    1店舗あたり正社員数13.7 人
    パート・アルバイトの店舗勤務比率71.9 %
    外国人従業員を雇用している店舗割合54.2 %
    スーパーの人事環境(2022年)「2023年版スーパーマーケット白書」より引用

    そもそも、スタッフの比率はパート・アルバイトが高いことや、外国人従業員を受け入れるスーパーも少なくありません。多種多様な人と働く環境であるため、中には合わないと感じる人がいる場合も少なからずあるでしょう。

    しかし、多様な人と働くことはデメリットだけではありません。さまざまな価値観に触れることができ、視野が広がったり、新しいアイデアを生み出せたりするなどのメリットもあります。

    小売業界の離職者は多い傾向にある

    スーパーなどの卸売業・小売業は離職者が多い傾向にあります。厚生労働省が出している「令和4年上半期雇用動向調査結果の概況」によると、2022年上半期の卸売業・小売業の離職者は約77万人に上り、医療福祉業界についで2番目に多い離職者数となっています。

    出展:厚生労働省「令和4年上半期雇用動向調査結果の概況

    また、同調査では2022年6月末時点の卸売業・小売業の未充足求人が約24万人分あり、人手不足であることもわかります。お店によって異なりますが、人手を補うため長時間労働せざるを得ないなど、働きづらさから、人間関係の悪化に少なからず関係していると考えられます。

    しかし、多くのスーパーではセルフレジを導入したり、採用活動を強化したりするなど、人手不足への対策が進んでいることも事実です。

    スーパーの人間関係でよくある悩み

    スーパーの人間関係でよくある悩みについて紹介します。

    忙しかった、体調が悪かったなど状況によって意図的ではない場合もあるため「一部このような人もいる」という程度で参考にしてください。

    怒られる

    仕事のミス以外でも「理不尽な理由で怒られる」「自分にだけ怒ってくる」などの悩みを抱える人も少なくありません。

    スーパーの業務は幅広く、日々の仕事で忙しくイライラしてしまい、些細なことで怒ってしまう人もいます。

    仕事に関する場合はできるだけミスを減らすことに努め、理不尽に怒られる場合には周りに相談をするなどの対策が必要となるでしょう。

    仕事を教えてもらえない

    少し前の時代では、仕事は上司や先輩を見て覚えることが普通だったため、近年でもベテランの社員やパートの中には「仕事は見て覚える」ものと認識している人もいます。

    しかし、仕事を教えてもらえないことで、業務が遅れてしまったり、間違った対応をしてしまったりする可能性があります。また、スーパーは業務量も幅広いため、全ての業務を見て覚えることは難しいです。

    仕事を教えてもらえない場合は、困っていることを相談したり積極的に質問していくことが望ましいといえます。

    きつい性格の人がいる

    多くの人が働くスーパーの中には、きつい性格の人もいるかもしれません。たった一人きつい性格の人がいる場合でも、その人の発言や態度によって、ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

    しかしきつい性格は、はっきりした性格と捉えることもでき「責任感がある」「妥協をしない」などの良い面もあります。その人の性格を理解し、良い面を認めることで、上手く付き合えるようになるかもしれません。

    悪口や噂話が多い

    悪口や噂話が多いと、聞いているだけでストレスが溜まってしまいます。また、職場全体の雰囲気が悪くなり、モチベーションが下がってしまうことも考えられます。

    悪口や噂話をする人は、感情を共有することや話のきっかけ作りとして、話題にすることが多いです。

    悪口や噂話を振られた場合は、加担せず上手く聞き流すのがよいでしょう。話のきっかけ作りとして悪口や噂話をする人には、違う話題を振ることでポジティブな会話ができるかもしれません。

    仲良しグループに入れない

    すでに出来上がっている仲良しグループがあると、その輪に入りづらいと感じる方もいるでしょう。仲良しグループに入れない場合、共感できる仲間がいないことで寂しさや疎外感を感じてしまう場合もあります。

    ただし、仕事を通してコミュニケーションを重ねることで、仲が深まることも多いです。最初に疎外感を感じたとしても、焦らずゆっくり周りとの信頼関係を築いていくのもよいでしょう。

    スーパーの人間関係で悩んだ場合の対処法

    スーパーの人間関係で悩んだ場合の対処法について紹介します。

    笑顔で挨拶する

    笑顔と挨拶は人間関係を築くための基本であり、爽やかな挨拶を続けることで相手に良い印象を与えることができます。

    人間関係で悩んでいるときに、笑顔で挨拶をするのは難しいと感じるかもしれませんが、すぐに始められるため、出勤時や退勤時に笑顔で挨拶することを習慣化してみましょう。

    挨拶から会話が広がることもあり、自然と周りとのコミュニケーションを増やすことにつながります。

    積極的に話しかける

    積極的に話しかけることで、コミュニケーションの回数が増え「単純接触効果」を期待できます。単純接触効果とは、接する回数が多くなるにつれ、相手に対して良い印象を持ちやすくなる心理現象のことです。

    単純接触効果を利用し、相手に良い印象を抱かせることで、苦手な相手と良い関係性を築くことができるかもしれません。

    職場で姿を見かけたときや休憩室にいるときなど、積極的に話しかけてみましょう。ただし、やりすぎには注意する必要があります。業務に支障が出てしまう、休憩の邪魔になってしまう場合は、迷惑と思われてしまう場合があります。

    報連相を徹底する

    積極的に話しかけるのが苦手な場合、まずは報連相から徹底しましょう。報連相をきっかけにコミュニケーションの頻度も増やすことができます。コミュニケーションの頻度が多いほど、お互いの理解が深まり、信頼関係が構築されやすくなるでしょう。

    また、人間関係が良くなるだけでなく、業務を円滑に進められる、ミスを減らせるなど、業務においてもさまざまなメリットがあります。

    感謝を伝える

    些細なことでも、感謝を伝えることを心がけてみてください。「ありがとう」などの感謝の言葉を言われて、嬉しくない人はいないでしょう。好意的な言葉を伝えることで、相手にも好意を持ってもらえ、良い関係性に変わる可能性もあります。

    周りの人に相談する

    対処法を試しても改善しない場合には、一人で抱え込まず周りの人に相談することも検討しましょう。周りの人に相談をすることで、気持ちが軽くなったり、別の対処法を提案してくれたりするかもしれません。

    しかし、すでに大きなストレスを抱えてしまっている場合は、店長や部門長など上の職位の人に相談することが望ましいです。相談内容によっては、店舗異動や部門異動などを提案してもらえる可能性があります。

    転職を検討する

    スーパーの人間関係が良くなる可能性が低い場合は、転職を考えるのも一つの手です。人間関係の悩みからストレスを溜めすぎてしまうと、身体を崩してしまう可能性もあります。

    転職を検討する際は、生鮮・飲食業界に特化したフードコネクトへご相談ください。面接同席や入社条件の書面合意などの手厚いサポートで、転職活動を支援します。

    人間関係が良いスーパーを見分ける方法

    入社前の企業研究で、スーパーの企業風土や雰囲気を調べることができます。人間関係が良いスーパーを見分ける方法について紹介します。

    企業の口コミを確認する

    インターネットで「企業名 口コミ」と検索することで、口コミサイトを見ることができます。口コミサイトには現職社員や退職した社員が、人間関係についてや働きやすさなど、さまざまな事柄について書き込みをしています。

    実際にその職場で働いている社員の評判を知ることで、企業の雰囲気を知るのに役立てることが可能です。ただし、意図的に悪い評判を投稿する人も少なからずいるため、全ての口コミを鵜呑みにするのではなく参考として見るようにしましょう。

    実際にお店に行ってみる

    職場の雰囲気を知るためにも、実際にスーパーに行ってみるのも効果的です。働いているスタッフの表情や、スタッフ同士が話している様子を見てみましょう。

    明るく挨拶し合っていたり、協力して仕事をしたりしていれば、人間関係は良好である可能性が高いといえます。

    また、お客様としてスーパーを利用してみるのもよいでしょう。職場の人間関係はスタッフのモチベーションにも直結するため、サービスの品質にも影響します。人間関係が悪いとお客様への対応が、雑になっている可能性もあります。

    面接で雰囲気について聞く

    職場の雰囲気や人間関係について、面接時に質問することも可能です。ただし「雰囲気は明るいですか」「人間関係は良いですか」と単刀直入に聞いても、採用担当者の立場から「暗い」「悪い」などのネガティブな回答はできないでしょう。

    質問の具体例は以下の通りです。

    • チームで協力し仕事を進めることにやりがいを感じるのですが、配属される部門は「チームプレー」と「個人プレー」どちらの業務スタイルが多いでしょうか?
    • イベントや売り場作りなど、良いアイデアがあれば積極的に提案したいと考えておりますが、可能でしょうか?

    「チームワークが良い」や「積極的に発言しやすい」など、人によって人間関係が良いと感じる職場の在り方も異なるでしょう。そのため、自分の理想を伝えながら、職場の雰囲気を確認することが大切です。

    自分の希望を伝えることで、どのような意図で聞いているのかがわかるため、採用担当者も回答しやすくなります。

    スーパーの人間関係はお店によって異なる

    スーパーの人間関係やよくある悩み、対処法について紹介しました。入社後、職場内でのストレスやトラブルを避けるためには、応募を検討している時点で人間関係の良いスーパーを見分けることも必要です。

    人間関係の見極めが難しいという場合は面接時に積極的に質問し、少しでも職場の雰囲気を把握しておくことが大切です。

    もしスーパーへの就職や転職を検討している場合、人間関係に不安があればフードコネクトへご相談ください。フードコネクトは生鮮・飲食業界に特化した転職エージェントです。熟練の専任キャリアアドバイザーが、あなたに合った働きやすい職場環境を厳選しご紹介いたします。

    執筆者

    フードコネクト運営事務局

    生鮮業界・飲食業界に特化した転職エージェント。主にスーパー量販店・鮮魚専門店・精肉専門店・食品工場向けに、鮮魚・精肉・青果・惣菜・食品などの専門技術や経験を有したスペシャリスト人材を紹介しています。

    生鮮・飲食業界に特化した転職エージェントならフードコネクト!

    フードコネクトのおすすめポイント!

    • 生鮮・飲食業界に特化した転職エージェント

      鮮魚加工/精肉加工/惣菜加工/青果販売、飲食店/寿司屋/焼肉屋の調理スタッフ

    • 利用料は完全無料!

      相談から面談、求人紹介、書類/面接対策、入社まで全て無料!

    • 業界特化ならではの優良求人多数

      業界特化のフードコネクトだから保有できる求人が多数!