スーパーのきつい部門はどこ?大変な仕事内容を解説

更新日: 2024/01/24

公開日: 2023/07/19

「スーパーのきつい部門はどこだろう」と気になっていませんか。
スーパーは部門によってきつい理由が異なります。
本記事では、鮮魚部門や精肉部門、レジ部門など6つの部門のきつい理由について解説しています。
どの部門にも共通する人間関係や労働時間の長さなどにもふれました。スーパーへの転職を考えている方は参考にしてください。

スーパー専門の
転職支援サービス

フードコネクトは厚生労働大臣認可の
転職エージェントです

相談する

  • 求人数
    5000件以上

  • 年収600万
    以上求人あり

  • 内定獲得率
    92.8%

目次

  • スーパーのきつい部門と理由
    • スーパーの鮮魚部門がきつい理由
    • スーパーの精肉部門がきつい理由
    • スーパーの青果部門がきつい理由
    • スーパーのレジ部門がきつい理由
    • スーパーの総菜部門がきつい理由
    • スーパーのドライ部門がきつい理由
  • スーパーの仕事の注意点
    • 人間関係に気を使うスーパーもある
    • 労働時間が長い店舗もある
    • 顧客からクレームが入ることもある
  • スーパーの仕事のメリット
    • 時間の融通が利きやすい
    • 夜は忙しくない
    • 従業員割引が充実
  • スーパーは部門によって楽なところもある

「スーパーのきつい部門はどこだろう」と気になっていませんか。スーパーは部門によってきつい理由が異なります。

本記事では、鮮魚部門や精肉部門、レジ部門など6つの部門のきつい理由について解説しています。どの部門にも共通する人間関係や労働時間の長さなどにもふれました。スーパーへの転職を考えている方は参考にしてください。

スーパーのきつい部門と理由

スーパーは仕事内容や取扱商品の違いから部門ごとにきつい理由が異なります。各部門のきつい理由を紹介します。

スーパーは仕事内容や取扱商品の違いから部門ごとにきつい理由が異なります。各部門のきつい理由を紹介します。

スーパーの鮮魚部門がきつい理由

スーパーの鮮魚部門は、以下のとおり水産業務ならではの大変さがあります。

  • 匂いを感じることが多い
  • 寒い
  • 朝が早い業務もある
  • 体力が必要
  • 魚のトゲが刺さることもある

魚の調理加工がメイン業務のため、匂いが気になる方も多い部門です。魚の鮮度を保つために調理場の室温を低く設定しているので、寒さも感じやすいです。

魚の仕入れ担当になった場合はスーパーの開店前に卸売市場などに行くため、朝が早い業務もあります。調理加工時に、魚のトゲがささることもまれにあるため、注意が必要です。

鮮魚部門は業務負担が大きいことや魚の調理加工に技術も必要なことから、他部門より給料の高いスーパーがほとんどです。魚の調理加工などにやりがいを感じる方にとっては魅力的な部門といえます。

スーパーの精肉部門がきつい理由

精肉部門は肉を調理加工するため、以下のような点できつさを感じる方が多いです。

  • 肉のカット技術が必要
  • 集中力を欠くとケガにつながることも
  • 臭いを感じる
  • 衛生管理が大変
  • 鶏肉が重い

精肉部門は塊肉を食べやすいサイズにカットしたり、スライサーなどを使って加工したりしなくてはいけません。カット技術を磨くには経験とスキルが必要なため、これをきついと感じる方がいます。

スライサーなどは安全装置を備えている機械がほとんどですが、集中力を欠いていると怪我につながることも考えられます。慎重に作業することが大切です。

精肉部門担当者は技術力や集中力、体力が必要ですが、その分他部門より給料が高いスーパーも多いです。

スーパーの青果部門がきつい理由

スーパーの農産を扱う青果部門がきつい理由は以下の要因が考えられます。

  • 青果が重い
  • 硬い野菜を切る作業は力仕事
  • 鮮度の落ちた野菜を触らなくてはいけない
  • 野菜に虫がついていることもある
  • 鮮度を保つためスピーディな作業が求められる

青果はじゃがいもや玉ねぎなど、重い野菜を袋詰めにしたり陳列したりしなくてはいけません。肉体労働になり腰に負担をかけ、腰痛になる方もいるようです。また、カボチャなど硬い野菜を切る際は力を使います。

新鮮な野菜には、ときどき虫がついていることもあります。虫が苦手な方は、これがきついと感じることもあります。見切り品をはじかなくてはいけないため、鮮度の落ちた野菜を触る機会もあります。

ただし青果は生臭くなく、もくもくと作業ができるため、接客をあまりせず集中して作業したい方には適している部門といえます。

スーパーのレジ部門がきつい理由

スーパーの各部門のきついポイント

スーパーのバイトやパートを含めレジ部門がきついとされている理由は以下のとおりです。

  • お客様からのクレーム
  • 長時間の立ち仕事
  • お金を扱うためプレッシャーを感じる
  • 商品の名前を覚えなくてはいけない
  • スピードと正確さが求められる

レジ部門は、お客様からのクレームを最初に受けることが多いです。なかには感情的になっているお客様がいるため、クレーム対応にストレスを感じることもあります。

また、長時間の立ち仕事で、混雑時は行列ができトイレにいくのもままならない状態になることもあります。お客様の待ち時間を減らすために迅速かつ正確に作業しなくてはいけません。バーコードが貼ってない商品は名前を覚えなくてはいけないため、記憶力と集中力も必要です。

一方、レジ操作を覚えたら機械的に作業が進められるため、無心になって集中して作業したい方には合っている場合もあります。レジ交代の担当者が来るため、パートの方はスムーズに退勤できることや他部門より給料が高いこともメリットです。

スーパーの総菜部門がきつい理由

総菜部門がきついとされる要素は以下が考えられます。

  • イベントに対応しなくてはいけない
  • 匂いがする
  • 作業場が暑い
  • 油がはねる時もある
  • 頭を使う

総菜部門は、季節のイベントに合わせて惣菜を調理する必要があります。恵方巻や、お盆のオードブル、年末年始など四季折々の惣菜が求められます。

普段のお弁当作りにおいても、メニューや量、配置などを覚えなくてはいけません。頭を使ってスピーディな対応が要求されます。

また、調理の過程で香りの立つことがあり、匂うと感じることもあります。調理機器や揚げ物の熱で作業場が暑く感じることも少なくありません。

ただしスーパーによっては、惣菜部門の業務は完全にマニュアル化されているところがあります。簡略化された作業は覚えてしまえば楽になることもありますし、料理スキルが上がる仕事ととらえる方もいます。

スーパーのドライ部門がきつい理由

ドライ部門は、生鮮食品以外の加工食品、お菓子、日用品、お酒などを担当する部門です。ドライ部門がきつい理由は下記のとおりです。

  • スーパーの売上の大半を担うプレッシャー
  • 品出しが体力仕事になりがち
  • 接客する機会がある
  • 消費期限の管理が必要
  • 棚卸しがある

スーパーの売り上げの大半は、ドライ部門の販売で成り立っています。そのため、ドライ部門を担当した場合、売上を維持させ続けることにプレッシャーを感じることもあります。

また、お酒やペットボトル飲料、洗剤など重い商品の品出し作業は体力のいる仕事です。品出しの際に、お客様から商品の場所を聞かれることも頻繁にあります。

ただし、ドライ部門は比較的負担の軽い業務があるため、スーパーのなかでも人気の部門です。

スーパーの精肉部門はきつい?正社員とアルバイトの仕事の違いときつさを解説

スーパーの仕事の注意点

スーパーの仕事の注意点

スーパーのどの部門にも共通する仕事の注意点を3つ紹介します。

人間関係に気を使うスーパーもある

どの業界でも人間関係に気を使う職場はありますが、スーパーも例外ではありません。

スーパーは年齢を問わずさまざまな方が働いているため、性格の合う方と出会える一方で、合わない方がいる職場もあります。

一般的に、スーパーは6部門に分かれていて、各部門に部門長を中心に社員数名とパートスタッフが所属しています。長時間にわたり少人数の組織で働くため、一人ひとりとの関わり合いが密接になることも多いです。

スーパーに新しく配属された若手社員やバイトスタッフは、年配者やベテランパートスタッフからの指導や意見をきついと感じるケースもあります。

労働時間が長い店舗もある

スーパーのなかには、早朝から深夜まで営業していたり人手不足に悩んでいたりする店舗があります。そのような場合、スタッフの労働時間が長くなる傾向にあります。

長時間営業しているスーパーでは、営業時間に合わせてスタッフのシフトを組まなくてはいけません。また、少子高齢化による労働人口減少の影響を受けて、スーパー業界も人手不足に直面しています。人手不足を補うために、スタッフ1人当たりの労働時間が長くなることがあります。

顧客からクレームが入ることもある

スーパーのクレームは、おもにレジ部門の方が最初に受けることも多いですが、レジ担当者だけでは対応しきれない場合、各部門の責任者や店長などが関与します。以下は一般的なクレーム理由の例です。

  • 商品の品質
  • 接客態度
  • 店舗の衛生管理

顧客満足度向上のために品質管理や接客サービス向上に努めて、クレームの発生を最小限に抑えなくてはいけません。

ただし度を越した理不尽なクレームに対しては、不快な思いをさせたことについて部分的に謝罪し、適切な対応を取ってスタッフを守ることが重要です。

スーパーの仕事のメリット

スーパーで働くメリット

スーパーで働くメリットを3つ解説します。

時間の融通が利きやすい

スーパーは営業時間が長く定休日を設けていない店舗もあるため、働く時間の融通が利きやすい傾向にあります。さまざまなシフトパターンがあるため、家庭の事情やプライベートの用事に合わせて働く時間が選びやすいです。

なかには年末年始などの繁忙期に出勤する代わりに、1~6カ月後くらいに10日前後のまとまった長期休暇が取れる大手スーパーもあります。

スタッフが多かったり規模の大きかったりする店舗ほど、勤務時間や休日の融通が利きやすいというメリットもあります。

夜は忙しくない

立地にもよりますが、スーパーのメインの顧客ターゲット層は主婦です。そのため、住宅街や商店街に位置するスーパーでは、夜間が忙しくない店舗も多いです。

とくに夜20時以降の店舗は、レジや品出し作業が落ち着いています。鮮魚部門と精肉部門は夜間に商品の加工を行なわない店舗がほとんどで、完売のための値引きシールを貼ったり作業所の清掃を行なったりします。

ただし、駅前のスーパーは仕事帰りの方が利用されるため、慌ただしい時もあります。

従業員割引が充実

スーパーによっては、従業員割引の制度が充実しているところもあります。割引率や使用条件などはスーパーによって異なりますが、従業員割引の一例を以下に紹介します。

  • 割引率は5~10%程度のスーパーが多い
  • 従業員用のカードやセールを設けているスーパーがある
  • セールと従業員割引が併用できるスーパーもある
  • スーパーのグループ企業の商品やサービスに、割引や特別価格が適用される場合もある

スーパーで扱う商品は、日常に欠かせない食品や日用品がほとんどです。それらが割引価格で購入できるのは大きなメリットといえます。

スーパーの正社員が楽しい理由5選。主な業務内容や身に付くスキルを紹介

スーパーは部門によって楽なところもある

スーパーの各部門のきつい理由や注意点、スーパーの仕事のメリットを紹介しました。スーパーの仕事のきつさや適応性は、個人の得意不得意や性格などによって一人ひとり違います。

自身にあった職場を見つけたい方は、スーパーの転職サポートに特化した転職エージェントのフードコネクトにお問い合わせください。スキルを活かせる働きやすい職場を紹介します。

執筆者

フードコネクト運営事務局

生鮮業界・飲食業界に特化した転職エージェント。主にスーパー量販店・鮮魚専門店・精肉専門店・食品工場向けに、鮮魚・精肉・青果・惣菜・食品などの専門技術や経験を有したスペシャリスト人材を紹介しています。

生鮮・飲食業界に特化した転職エージェントならフードコネクト!

フードコネクトのおすすめポイント!

  • 生鮮・飲食業界に特化した転職エージェント

    鮮魚加工/精肉加工/惣菜加工/青果販売、飲食店/寿司屋/焼肉屋の調理スタッフ

  • 利用料は完全無料!

    相談から面談、求人紹介、書類/面接対策、入社まで全て無料!

  • 業界特化ならではの優良求人多数

    業界特化のフードコネクトだから保有できる求人が多数!