スーパー正社員に向いている人の特徴5つと、身につくスキル4つ。働く環境もご紹介

更新日: 2024/01/24

公開日: 2023/11/30

「スーパーで働いているけど、今の環境は自分に向いているのだろうか」など、自分の向き不向きに悩まれていませんか? 本記事では、こんな疑問をお持ちの方に向けてスーパー社員に向いている人の特徴や、活躍できるスキル、スーパー社員の働く環境などを紹介します。

スーパー専門の
転職支援サービス

フードコネクトは厚生労働大臣認可の
転職エージェントです

相談する

  • 求人数
    5000件以上

  • 年収600万
    以上求人あり

  • 内定獲得率
    92.8%

目次

  • スーパー正社員に向いている人
    • 幅広い年齢や様々なバックグラウンドの人とコミュニケーションがとれる人
    • 1人作業が苦ではない人
    • 早起きが得意な人
    • 体力がある人
  • スーパー正社員で身につくスキル
    • 接客スキル・コミュニケーションスキル
    • 人材マネジメント力
    • 機転が利く対応力
    • 食品スーパーであれば、食の幅広い知識と衛生管理スキル
  • スーパー正社員の働く環境
    • 転勤が多いスーパーもある
    • 冷房が効いている
    • アルバイトやパートが多い環境
    • スーパー正社員の年収
    • 働き方改革によって、正月休業する店舗や週休3日制度を取り入れるスーパーも
  • 自分に向いているスーパーを探そう。

スーパー正社員に向いている人

スーパー正社員に向いている人の特徴をシーンなど例を挙げて、5つ紹介していきます。

幅広い年齢や様々なバックグラウンドの人とコミュニケーションがとれる人

日常的に多くの人が訪れるスーパーでは、お客様とのコミュニケーションは避けられません。

また、同僚となる方の年齢やバックグラウンドの幅が広いのもスーパーの特徴です。
様々なバックグラウンドを持つ方と一緒に働くため、コミュニケーション力が求められます。

・正社員だけではなくパートさんやアルバイトさんが同僚となり、働く年代も様々・外国人従業員を受け入れているスーパーもある
スーパーの人事環境

1人作業が苦ではない人

接客だけがスーパーの業務ではありません。
レジや品出しなど基本的には1人で行う作業も多いです。

  • 1人で黙々と作業をするのが好き
  • 1つのことに集中できる

というような、1人作業が苦ではない方も、スーパーで働くことに向いていると言えるでしょう。

レジ品出し、陳列商品の加工商品の値付け在庫管理店舗事務発注パート、アルバイトさんのシフト管理など
1人で行う作業の例

早起きが得意な人

スーパーで働く際、開店前の準備や商品の仕入れ作業など早起きが必要な業務もあります。

朝の6時から品出し作業が発生するスーパーもあります。

納品された商品の検品伝票処理品出し
スーパーの早朝業務の一例

食品スーパーは新鮮な野菜や肉・魚が早朝に納品されるため、それらの商品の品出しを行います。

作業はアルバイトさんやパートさんに協力してもらいつつも、監理責任者として正社員が出社している必要も出てくるでしょう。

役割によっては朝が早くない仕事もあります。

体力がある人

体力がある人はスーパーの仕事に向いています。

レジや調理の担当で同じ場所に立ち続ける品出しなどで重い荷物を持ち運びする搬入される荷物を整理する
体力が必要となる業務の例

体力に不安を感じている人からするとかなりきつい仕事になってしまうかもしれません。
与えられる仕事は勤務するスーパーによってまちまちです。
心配な人は面接の中で事前に確認をしておくとよいでしょう。

スーパー正社員で身につくスキル

接客スキル・コミュニケーションスキル

地域の様々な人が訪れるスーパーでは、老若男女さまざまな人に接客をする機会があります。
接客態度がスーパーの評判にも影響を与えることになるので、丁寧な言葉遣いなど失礼のない接客を心がけることが大切です。

またパートさん、アルバイトさん、外国人従業員などさまざまなバックグラウンドの人と働く環境であるため、コミュニケーションスキルも培われます。

人材マネジメント力

スーパーの正社員はアルバイトやパートの管理業務があります。
そのため、マネジメント能力が培われます。
人材マネジメント業務はシフト管理、教育、指示だしなどがあります。

機転が利く対応力

スーパー正社員は、時にはお客様のクレームに対応することもあるので、機転が利く対応が必要です。
お客様の不満や問題に対して適切に対処することは、スーパーの評判にも大きく影響します。

また、レジなどが混雑している場合はレジ打ち業務を行うなど、現場の状況に応じて柔軟に対処する能力も必要です。

スーパーの正社員には日常業務の中で様々な状況に適応し、柔軟に対応する力が培われます。

食品スーパーであれば、食の幅広い知識と衛生管理スキル

食品を取り扱うスーパーであれば、食に対する幅広い知識が培われます。
また、新鮮な状態で野菜や肉・魚・惣菜などを消費者に提供するために食品衛生管理のスキルも必要です。

スーパー正社員の働く環境

スーパーの働く環境について紹介していきます。

転勤が多いスーパーもある

アルバイトやパートと違い、正社員の場合、勤務するスーパーによっては転勤の可能性があります。
転勤が多い理由としては以下が挙げられます。

・新しい店舗を作るため
・人員を補充するため
・昇進

転勤の有無・頻度は勤めるスーパーにもよるので、面接で確認しておくと良いでしょう。

冷房が効いている

食品売り場は冷房が効いています。
生鮮食品を扱っているので、温度を保つ必要があるためです。

冷え性の方にとっては大変な環境かもしれません。
長袖長ズボンやネックウォーマーを着用する、ホッカイロを貼る、休憩時には暖かい飲み物を摂る、などの対策を行うと良いでしょう。

アルバイトやパートが多い環境

「2023年 スーパーマーケット年次統計調査 報告書」によると、店舗勤務のアルバイト・パート比率は業界推計値71.2%と高い傾向です。

そのため、適切なコミュニケーション能力やマネジメント能力が必要です。

スーパー正社員の年収

国税庁の「令和4年 民間給与実態統計調査」によると、スーパーが分類される「卸売業・小売業」の年間平均給与は約384万円でした。

▼関連記事

スーパー正社員の年収はいくら?店舗規模別や職種別に詳しく解説

働き方改革によって、正月休業する店舗や週休3日制度を取り入れるスーパーも

働き方改革によって従業員の休みを優先する経営判断の元、正月休業するスーパーも増えてきました。

また、大手ロピアは2024年卒の新卒採用から多種多様な働き方が選べる制度を導入しており、平日週休3日・年間休日160日の時間限定職など選べるようになっています。

自分に向いているスーパーを探そう。

スーパーに向いている人の特徴を説明しましたが、実際は自分が働く店舗の環境によるところも大きいです。

もし向き不向きに悩んだり、自分に合っているスーパーを探したい方は、「フードコネクト」にぜひご相談ください。

フードコネクトは生鮮・飲食業界に特化した転職エージェントです。スーパーの求人も多数保有し、あなたにあった最適な提案を行います。

1人でどのように選んでいいかわからない方などはぜひ活用してみてください。

執筆者

フードコネクト運営事務局

生鮮業界・飲食業界に特化した転職エージェント。主にスーパー量販店・鮮魚専門店・精肉専門店・食品工場向けに、鮮魚・精肉・青果・惣菜・食品などの専門技術や経験を有したスペシャリスト人材を紹介しています。

生鮮・飲食業界に特化した転職エージェントならフードコネクト!

フードコネクトのおすすめポイント!

  • 生鮮・飲食業界に特化した転職エージェント

    鮮魚加工/精肉加工/惣菜加工/青果販売、飲食店/寿司屋/焼肉屋の調理スタッフ

  • 利用料は完全無料!

    相談から面談、求人紹介、書類/面接対策、入社まで全て無料!

  • 業界特化ならではの優良求人多数

    業界特化のフードコネクトだから保有できる求人が多数!