スーパーの店長の仕事内容を徹底解説!必須スキルや平均年収も紹介

更新日: 2024/01/24

公開日: 2023/05/12

スーパー専門の
転職支援サービス

フードコネクトは厚生労働大臣認可の
転職エージェントです

相談する

  • 求人数
    5000件以上

  • 年収600万
    以上求人あり

  • 内定獲得率
    92.8%

目次

  • スーパーの店長の仕事内容
    • 売上の管理
    • スタッフの管理
    • 商品の管理
    • 販売の促進
    • マーケティング
  • スーパーの店長に求められるスキル
    • 経営管理のスキル
    • コミュニケーションスキル
    • 事務処理のスキル
  • スーパーの店長の給料
    • 平均年収は357.7万円
    • ハローワークの平均求人賃金は24.9万円
  • スーパーの店長の求人を選ぶ際の注意点
    • 労働条件をしっかりチェック
    • 手当や福利厚生の充実度を調べる
    • 企業規模も確認
  • スーパーの店長に転職してスキルを活かそう

スーパーの店長は、売上管理やスタッフ管理などを行います。スーパーで働いている方のなかには、店長にキャリアアップしたいものの、必要なスキルや年収などが分からず悩んでいる方も多いものです。

本記事では、店長の仕事内容や求められるスキル、平均年収などについて詳しく解説します。店長に転職して理想の働き方を手に入れましょう。

スーパーの店長の仕事内容

スーパーの店長の仕事内容

スーパーの店長が担当する仕事を5つ解説します。

売上の管理

スーパーの店長は、売上管理を通じて店舗の利益が伸びるよう努めます。売上管理の具体的な仕事内容を下表にまとめました。

仕事内容
売上データの収集商品分類別の売上などのデータを収集する
売上データの分析売上高、客数、客単価、坪単価などを分析何が、いつ、どのくらい売れているかを分析
売上の予測分析結果と昨年度同時期の実績などをもとに売上を予測売上計画を立案する

売上管理は、日ごと、週間、月間、年間など定期的に行ないます。売上管理を行なうことで、数字に基づいた店舗運営につなげられます。

スタッフの管理

スーパーの店長が行うスタッフ管理は、スタッフのモチベーション向上と円滑な店舗運営が目的です。具体的な仕事を紹介します。

仕事内容
シフト管理シフト作成シフトの調整
教育接客マナーや仕事のやり方の教育マニュアルの整備
採用求人募集書類選考、面接
リテンション施策スタッフとの適切なコミュニケーションスタッフが働きやすい環境に整備

リテンション施策とは、スタッフを店舗に定着させるための取り組みです。スタッフに長く働いてもらうことで、採用や教育の負担が軽減します。

商品の管理

スーパーの店長は、在庫を管理して発注作業を行ないます。おもな仕事内容は下記のとおりです。

仕事内容
在庫数の管理日々の在庫状況の確認。生鮮食品は時間単位で確認する
商品の発注商品を注文し、検収と伝票管理を行う
商品の返品商品の返品と移動にくわえ、それに伴う処理
棚の整理お客様の購買意欲を高めるよう陳列する
セール売れ残りそうな商品はセールを行い、鮮度を保つ
廃棄鮮度が落ちた商品は廃棄する

商品管理を適切に行うことで、店舗の売上アップにつなげることができます。

販売の促進

スーパーの店長は販売促進を行なうことで、お客様の興味をひき、来店につなげることができます。仕事内容は下表のとおりです。

仕事内容
ディスプレイとPOP商品が目を惹くようディスプレイし、売り場にPOPを配置する
イベントの企画と開催季節やイベントに合わせたイベントを企画し開催する
サービス向上お客様の希望をヒアリングしサービス向上に努める
広告企画チラシなどの広告を企画する
SNS店舗のSNSを配信する

上記の販促活動によって、店舗の売上を伸ばすことが可能です。地域のニーズを把握して適切な販促活動を行っていきます。

マーケティング

スーパーの店長がマーケティングを行なうことで、お客様のニーズにあったイベント企画や商品の仕入れにつなげることができます。マーケティングの具体例を下表にまとめました。

仕事内容
ターゲットの選定客層を選定して、商品の仕入れとプロモーションを考える
顧客満足度調査お客様の満足度を調べて改善点を見つけ、サービス向上につなげる
競合分析競合店の動向を調べて、自店舗の戦略を考える
ブランディング自店舗のブランドイメージを構築し魅力ある店舗づくりにつなげる

店舗の価値を高めるためにもマーケティングは大切です。

スーパーの店長に求められるスキル

スーパーの店長に必要なスキルを3つ紹介します。必須スキルから店長とはどうあるべきかが分かります。

経営管理のスキル

スーパーの店長に求められるスキル

経営管理とは目標達成のための計画に基づき行動しながら、状況に合わせて改善することです。スーパーの店長は、会社経営者のような経営管理スキルが求められます。

スーパーの売上を伸ばしていくために、現状の課題を把握して改良していかなくてはいけません。マーケティングを行ってお客様の声を聞き、サービスを向上することも大切です。

スーパーは数多くの商品とスタッフを抱えているため、経営管理のスキルを高めることが必要です。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキル

スーパーの店長として大切なことは、お客様にくわえ自店舗のスタッフとのコミュニケーションです。

店舗maticの「スーパーマーケットの本部店舗間・店内コミュニケーションの現状調査」によると、店内コミュニケーションで重要と考えられているコミュニケーションは「部下やパート従業員からの信頼獲得やモチベーションを高めるコミュニケーション」(62%)という結果でした。

働きやすい店舗につなげるために、スタッフと信頼関係を結ぶコミュニケーション能力が求められています。

事務処理のスキル

スーパーマーケットの店長は、事務処理のスキルが求められる機会もあります。

たとえば、金銭のやり取りに関する処理やマニュアルの作成などで、事務のスキルが必要です。経理関係の帳簿が正確かどうかのチェックも行わなくてはいけません。店長の仕事の30%ほどが本社とのやり取りと事務作業で占められている、といわれることもあります。

事務作業のスキルが高い場合は、業務効率化につながるため、その他の店長業務に注力できるようになります。

スーパーの店長の給料

スーパーの店長の給料について厚生労働省の「職業情報提供サイト jobtag」をもとに紹介します。

平均年収は357.7万円

スーパー店長の給料

「職業情報提供サイト jobtag」によると、スーパーの店長の年収は357.7万円です。国税庁の調査では全業種の平均年収が443万円のため、平均より安いという結果でした。

スーパーの店長の平均年収は、下表のとおり地域によって異なります。

都道府県平均年収
青森286.9万円
東京399.2万円
愛知380.7万円
大阪407.8万円
大分295.1万円
全国357.7万円

地方と都心部の平均年収は、100万円以上もの差があることが分かります。スーパーの正社員の店長に転職検討中の方は、勤務地域の平均年収とも比べるようにしましょう。

ハローワークの平均求人賃金は24.9万円

「職業情報提供サイト jobtag」の『ハローワーク求人統計データ』によると、店長の月額の求人賃金は24.9万円です。地域によって以下のとおり求人賃金が異なります。

都道府県求人賃金(月額)
栃木20.3~29.8万円
東京23.8~37.1万円
愛知19.9~25.1万円
大阪23.3~30.1万円
愛媛18~26.4万円
全国24.9万円

最も高い東京都の37.1万円と愛媛の18万円では、約2倍の差です。同じスーパーの店長でも、勤務先によって求人賃金に大きな差があります。

スーパーの店長の求人を選ぶ際の注意点

スーパーの店長の求人を選ぶ際のチェックポイントを3つ紹介します。

労働条件をしっかりチェック

労働条件をしっかりチェック

まず、労働条件をしっかりチェックしましょう。必ず確認したい項目は以下のとおりです。

条件ポイント
給与勤務する都道府県の平均給与前後かどうか確認
休日年間休日数と、週休二日制や完全週休二日制などの制度
勤務地転居を伴う転勤の有無
役職名「店長」ではなく「店長候補」や「夜間店長」で募集されている場合は契約社員の可能性あり
職場環境スーパーに足を運んで店舗の雰囲気を確認

労働条件は、求人票やスーパーの公式サイト、口コミなどで調べましょう。

手当や福利厚生の充実度を調べる

手当や福利厚生の例と注意点をまとめました。

手当と福利厚生内容
退職金制度退職時に支払われる。在籍3年以上、など一定期間以上勤務したスタッフのみ対象という場合がある
管理手当店舗管理者に支払われる手当。管理監督者なら残業代がもらえないこともある
従業員持株会自社株が保有できる
社内研修「店長コース」「幹部コース」など各種コースを設けていることも多い
社員割引制度社員は店舗の商品が割引価格で購入できる

手当と福利厚生が充実している店舗は、働きやすい環境であることが多いです。

企業規模も確認

スーパーは企業規模によって仕事内容や働く環境が異なります。転職先を選ぶ際は、企業規模も確認しましょう。企業規模は、求人票の「資本金」や「事業内容」などから把握できます。

大企業のグループ会社の場合、グループの保険や財形貯蓄制度、退職金制度が適応されることも多い傾向にあります。そのため、保険や制度が充実しています。

中小企業の場合は役員との距離が近いため、アイデアが提案しやすいというメリットもあります。自身の性格やキャリアプランによって、どんなスーパーと相性がいいのか検討しましょう。

スーパーの店長に転職してスキルを活かそう

スーパーの店長という職種の仕事内容や求められるスキル、給料などについて紹介しました。店長は一国一城の主のような存在です。店長になるには経営者のような経営管理スキルが求められますが、自身の手腕によって店舗を盛り上げていくことができます。

スーパーの店長は管理手当が付与され、キャリアアップのための研修が受けられるところもあります。スーパーの店長に転職して、スキルを最大限に活かしてください。

執筆者

フードコネクト運営事務局

生鮮業界・飲食業界に特化した転職エージェント。主にスーパー量販店・鮮魚専門店・精肉専門店・食品工場向けに、鮮魚・精肉・青果・惣菜・食品などの専門技術や経験を有したスペシャリスト人材を紹介しています。

生鮮・飲食業界に特化した転職エージェントならフードコネクト!

フードコネクトのおすすめポイント!

  • 生鮮・飲食業界に特化した転職エージェント

    鮮魚加工/精肉加工/惣菜加工/青果販売、飲食店/寿司屋/焼肉屋の調理スタッフ

  • 利用料は完全無料!

    相談から面談、求人紹介、書類/面接対策、入社まで全て無料!

  • 業界特化ならではの優良求人多数

    業界特化のフードコネクトだから保有できる求人が多数!